読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not All Who Wander Are Lost / Chris Thile

 

f:id:shibusa423:20161019215850j:plain

2001年、クリス若干21歳の時にリリースした作品。

一聴してクリスのマンドリンの爽快な響きにドキッとさせられます。

そして、バックにベラ・フレックやJ・ダグラス、エドガー・マイヤーなどが名を連ね、今に続くクリスの異種格闘技戦の始まりが、この作品にあることを教えてくれます。

先頃のパンチブラザーズ初来日公演の衝撃は、各音楽メディアでもブルーグラスのバンドとしては破格の扱いを受けましたが、「ブルーグラスではない」と言う主張は、少々的外れでしょう。

ライヴで印象に残ったのは、クリスがブルーグラスという音楽を愛していること。

愛しているが故に、ブルーグラスをアップデートしなければならないことを痛切に感じているのだということがライヴから伝わってきた筈です。

だからこそ、この作品がクリスのターニングポイントになった重要な作品だと改めて思わせられます。

クリス同様、ベラはブルーグラスに新しい血を混入しようとしているアーティストであり、ベラはどちらかというとジャズからのアプローチが見て取れます。

本作⑦などはベラっぽさを感じてしまいます。

しかし、作品全体から受ける印象はクリスのブルーグラスでやれることをやること。そして、それを超えて行こうとする強い意志です。

この作品に惹きつけられるのは、クリスのアーティストとしてのブルーグラスへの強い愛情と美意識だと思います。

あくまでも足場はブルーグラスにある。ある種のクリスのブルーグラス作品の集大成的な意味合いのある作品だと、どうしても思える作品ですね。

全曲インスト。クリスの声が恋しくもありますが、それ以上にクリスのマンドリンの美しい響きは、パンチでは後退しているだけにじっくり聴きたいものです。

振り返ってみれば(2016年)、この作品はマンドリン奏者クリス・シーリの集大成。

この後、新しいエピソードが始まり、そのエピソードはブルーグラスを踏襲しつつ、それを越えようとするクリスの果敢なる挑戦の試行錯誤と達成の章となっているのだと思います。

 

「1989」はまごうことなき傑作 テイラー・スウィフト

www.youtube.com

今更ですが、テイラー・スウィフトですw

なんで?と仰しゃる方もいるかもしれませんが、彼女はれっきとしたカントリーシンガー。インタビューで「カントリーが好きと言っていじめられた」と語っているのを見て、やっぱりそういう風に見られるもんか…と改めて思ってしまった次第。

彼女の「1989」はジャケットがソフィア・コッポラの映画みたいで気になっていたというか、とても好きだったのですが、かのライアン・アダムスが丸々アルバムをカバーと聞いて、これはちょっと見過ごせないと思って、ブックオフで500円だったので購入した次第ww

 

さて、一聴しての印象はシンディ・ローパーの傑作「ハイスクールはダンステリア」(あえて邦題で書かせていただきます)

冗談ではなく、第一印象で浮かんだのはそれです。

揺るぎないメロディ、色褪せることのないポップ性を帯びた強い楽曲を、現在進行形のアレンジでデコレートした作品というのでしょうか。

80年代らしいアレンジながら、シンディのあの傑作は楽曲が段違いに素晴らしいが故に時代の風化に耐え、今でも十分評価されている。

それに似た印象がテイラーのこの作品にはある。

楽曲が強い。ライアンがカヴァーしたのは、これだけの楽曲だったらアメリカーナで歌って良かっただろう、というクレームにも似た賛辞としか思えない。

テイラーがカントリーシンガーとしても逸材なのは間違いないのですが、このアルバムでジャンルを飛び越え、今風のポップミュージックなんて余裕で出来ますよと高らかに宣言したような作品だと思います。

 

それこそ、古びれてしまいそうな今風のアレンジも意図的で、それでもこれだけの楽曲だったら時代の風化に耐えられると言っているようでもあります。

まごうことない傑作。2010年代を代表する一枚でしょう。

もちろん、その作品のクオリティは相当なもので、テイラー侮りがたしと言わざる得ない強力な作品です。

これは貴重な映像になる! パンチブラザーズ「ハウ・トゥ・グロウ・ア・バンド」

www.youtube.com

ディランがエレクトリックでライブを行った時に「ユダ!(裏切り者)」とファンから非難されたのは、もはやロック史上の事件として知られています。

偉大なアーティストの大変革は、時に聴衆の激しい非難を浴びます。

その大変革は時代がゆっくりと審判を下すのが世の常。そして、大概は失敗を恐れず、変化を求めた者が正しいことが証明されるようです。

なぜなら、変化を促すには大きな信念や力が必要だからでしょう。

パンチブラザーズのドキュメンタリー「ハウ・トゥ〜」は、そう言った変革の決定的な瞬間を切り取った貴重な映像となるでしょう。

天才クリス・シーリがニッケル・クリークを解散し、その音楽的な挑戦をパンチブラザーズで果たそうとする初期の段階を見事に捉えた記録で、クリスの苦悩やメンバーの戸惑いが描かれ、最終的にパンチブラザーズがクリスの才能を燃料に見事にヤマを越えていく様が描かれています。

何より、クリスがブルーグラスという旧態然としたジャンルの壁を越えようと足掻く様が感動的です。

もしかすると、クリス・シーリは21世紀の、そしてブルーグラス界のフランク・ザッパのような存在になるのではないか?とさえ思いました。

ジャンルを超え、あらゆるジャンルを飲み込み、その底なしの懐であらゆるジャンルを「音楽」という括りに書き換え、すべてを表現してみせる稀有な存在に思えたのです。

弦楽五重奏「The Blind Leaving The Blind」組曲をライヴで披露する時の映像には、ちょっと驚きました。クリスが緊張し、揺らいでいる様が赤裸々に撮られています。

クリスにとって非常に大きな挑戦であることが観ている側にも十二分に伝わってきます。

よもやパンチブラザーズがブルーグラスというジャンルから大きく羽ばたこうとする歴史的瞬間が観れるとは思いませんでした。

そんな貴重な映像が、本作の大きな山場として序盤に出てきたので不意を突かれました。

本作のファーストシーンのクリスの激しいソロプレイを見れば、パンチブラザーズがブルーグラスというジャンルの枠に囚われていないことが、一発で分かります。

この映画は、パンチがブルーグラスを大きく逸脱し、変えていくだろう事を前提で作られており、監督の意図がはじめから歴史的転換の瞬間を撮ろうとしていることが分かります。

パンチ来日公演が「事件」だと断言してきた者としては、監督の気持ちがよくわかる。

クリス・シーリの演奏、パンチのライヴを見れば、ただごとではないことは形にはなっていなくとも、多少なりとも音楽的感受性の鋭い人であれば確信できて当然です。

そう言った意味で、パンチの来日公演とこの作品のリリースは、極東の国日本では、やはり事件だったのでしょう。

この先、時代がゆっくりとクリス率いるパンチブラザーズに審判を下すのを待つだけ。

この作品を見て私は、確実に時代はパンチブラザーズに微笑むだろうと確信を強めました。こんなにワクワクするのは久しぶりです。

 

事件だったよ!全員集合! パンチブラザーズ来日公演

f:id:shibusa423:20160807212654j:plain

今年のフジロックは終わっても、あの一抹の寂しさがなかったのは、パンチブラザーズの来日公演が控えていたから。

それぐらい待ち焦がれていたパンチブラザーズの来日公演。

「これは事件だ!パンチがライブハウスクラスの箱でやるなんて事件ですよ!」と狼少年のように言いまくっていたんだけど、予想通り反応は皆無でw

なんとか一緒に行ってくれる相方を見つけて行ってきました!ブルーノート東京

噂が噂を呼んだのか、来日公演最終日はソールドアウトとなり、会場はかなりホットな状態でした。

会場に入って驚いたのはステージ上にはマイクが一本。まるで漫才でも始めるかのようなステージで、モニターもスピーカーもなんもなし。

確かにマイク一本で演奏している映像ばかり見ているけれど、まさかモニターも何もないとは思いませんでした。

大人気なく会場に駆け込み、最前ステージ右を陣取って、その登場を待ちました。

 

その後、様々な人のライヴレポートを読んで知ったのですが、ステージ上の音響は凄いことになっていたそうです。

一本のマイクなのに全てのパートの音は頭上のスピーカーから聞こえてくる。

これはステージにあった、たった一本のマイクが超高性能マイクだったからだそうで、マイクに焦点を合わせたピンスポットライトの円の中の音は拾うけれど、メンバーの誰かが円の外へ行くと楽器の音どころか足音も聞こえないと言う恐ろしい状況を作っていたそうです。

高性能だけに楽器の音は拾う。しかし、その距離感は殆どないが為に、それぞれメンバーがマイクからの距離を計算しながら音のバランスを調整していたから、前へ出たり後ろに退いたりしていたというw。

 

f:id:shibusa423:20160807212419j:plain

 

当然、そんなことは知らないで見ていた訳ですが、そのアンサンブルには驚かされました。

時にブルーグラス、時にプログレ、時に室内楽

楽曲、アレンジごとにその様相をガラリと変える七変化にも驚かされるし、それぞれの演奏の繊細さと大胆さ、そしてビーチボーイズばりのコーラスワークの美しさ。

どれを取ってもパーフェクトとしか言いようがありません。

ましてや、今回の来日公演で絶対聞きたかった「Familiarity」の再現ぶりときたら、もう美しくてため息も出ない…

B・ウィルソンがやりそうな組曲のような作品を目の前で繊細に、そして忠実に再現してみせる技量、これはリアルタイムでしか味わえないエキサイティングな瞬間でした。

その後の怒涛の演奏ときたら、最早ブルーグラスとかオルタナとかどうでも良し。

パンチブラザーズという超絶技巧バンドが、その現在進行形のアグレッシヴな作品群をブルーグラスという歴史あるジャンルのルールを踏まえつつ自由奔放に演奏するという一大エンターテイメントショーだったのです。興奮しないではいられません!

目の前で天才クリス・シーリーとその仲間達が見せてくれたプレイは、息を飲むジャンルやスタイルなどを軽く飛び越えた「新しい何か」でした。

ジャンルを破壊し、創造する者。ピアソラは、かつてそう言われました。

ブルーグラスというジャンルでそう呼ばれるに違いない男、それがクリス・シーリー。

そして、その革命を遂行するべく集められた凄腕集団こそがパンチブラザーズ。

その熱と腕前を満喫出来たのが、今回の来日公演で、それがライブハウス規模のスペースで観れたことを感謝せずにはいられません。

やっぱりパンチブラザーズの来日公演は事件でした!

fujirock 2016 総括その3 歌モンスター復活 UA

f:id:shibusa423:20160731220339j:plainしょっぱなから「情熱」!!!!!!!

不意をついて、UAの「やったるで!」的な気合の入った選曲にのけぞった。

ここ数年のUAは、ちょっと学究的というか難しい方に針が振れ過ぎた印象があり、悪くはないのは当然だけど、ちょっと物足りないものを感じていた。

今回はリトルクリーチャーズのメンバーや山本達久をバックにしているのもあり、ある程度は期待していたけど、ここまで気合が入っているとは思わなかった。

UAのライヴを見たのは、ちょうど「情熱」がヒットした直後、事務所主催のライヴでフィッシュマンズを見たのもそのライブだった。

持ち歌が少なかったこともあってジェファーソンエアプレーンのカヴァーなども交えていて、その歌唱力、声の素晴らしさに圧倒されたが、その時のライヴに近い、歌手UAの凄みを感じるライヴだった。

往年の名曲から新曲、そしてカヴァーは「モンスター」w

正に女性ボーカルのモンスターだったUAの復活を宣言するようなナンバーだった。

気合入りまくりのUAは、溢れ出る衝動を早く吐き出したいのか、落ち着きなくソワソワしながら次々と歌を歌いまくった。

久々にUAの底力を見せつけられたようなステージ。

ラストはしみじみと「ミルクティー」

やっぱりUAは類まれなる歌い手であることを実感させられた圧巻のステージだった。

fujirock 2016 総括その2 彼女の涙は何の涙か? James Blake

f:id:shibusa423:20160727214507j:plainフジロック初出演の時のジェイムス・ブレイクを見た人で、どのくらいの人がジェイムス・ブレイクに期待していただろう?

センセーショナルと言って良いフジ初出演のステージを上回るどころか、多くの人が失望覚悟でグリーンに集まったようにさえ思います。

かくいう私は正しくそうで、前回のジェイムス・ブレイクに感動し、新作に意気込んで臨んで「なんじゃこりゃ?」という激しい失望を味わっただけに、もし別のステージで

 

お気に入りのアーティストが出演していたら迷わず、そちらに行っていたでしょう。

静かに始まったステージは、前回と同様の構成、ジェイムスの個性的なボーカル、それにダブ処理された

 

低音がズ〜ンと響く、デジャヴな光景だったのです。

「ああ、同じか…」

そう思った人も多かったのではないでしょうか?

ところが曲が進むにつれて、ジワジワと染みてくるのです。

しかも前回よりも大きなグリーンステージにも関わらず、全く薄まっていないジェイムスの音楽世界。前回よりも大会場だけにサウンド面での劣化も感じられるにも関わらず、その感動が全く薄まっていないのが不思議なほど、そのステージは感動的なのに驚きました。

内省的な、どこか冷ややかで暗めな音楽にも関わらず、ジェイムス・ブレイクのサウンドは大会場にハマる。

これは、個人的にはとても不思議な光景でした。

周囲の観衆の反応もジワジワとよくなり、ジェイムスのボーカルやダブ処理された反応にヴィヴィッドに反応していく様は壮観でもありました。

ふと横を見ると、若いカップルの女性が、ライヴのクライマックス「The Wilhelm Scream」の最中、ライティングの演出も手伝って、静かに涙を落とした姿は美しかったw

まるでステージとリンクするかの様に、その神々しい光景にしばし見とれてしまった。

そんなマジックがジェイムス・ブレイクのステージには確かにありました。

これだけシンプルな、少々ダークなサウンドが大会場で映えるのは、本当に不思議です。

しかし、十分トリ前の役割を堂々と勤め上げた貫禄のステージだったのは確かです。

 

 

fujirock 2016 総括その1 カマシがカマシてくれた!

終わってしまいました、フジロック

この時期はやっぱり「誰がベストアクト?」でしょう。

今年のフジロックに関して言えば、即答です。

 

カマシ・ワシントン!

f:id:shibusa423:20160726212639j:plain

 

 

カマシがカマシてくれた!この一言に尽きるんです。個人的には。

3日目、雨がパラつき、怪しい雲行きの中で、ポンチョをテントに忘れてオロオロしていたのですが、これでテントサイトまで行って帰ってきたら、疲れ果てた上にカマシに間に合わないと考えて、ヘヴンの最前に腰を下ろし、降られた時は、なるようになれだ!と開き直ったのですが、これが大正解!

もしカマシが良くなかったら、グリーンに戻ってレッチリを見ようと思っていたのですが、リハーサルの音を聞いて「これは間違いないぞ!」と、テンションが上がるリハでした。

ドロドロのグルーヴの効いたキーボード、迫力のあるツインドラム。パリパリのトランペット。

どれを取っても好みの音で、Pファンクを彷彿させる泥臭い感じがたまりません。

始まって3曲くらいで昇天してました。

パワフルなベースプレイとツインドラムの掛け合いは堪らないし、割れる一歩手前の音で吹きまくるトランペット、若いピアニストも渋目のプレイもツボ。

それにカマシのサックスもパワフルでたまりませんでした。

何よりバンドの結束というか、カマシを中心にしたちょっと宗教がかっていると言っても良い結束力が、サン・ラやPファンクを彷彿とさせます。

曲もどこか大仰で、ドラマチックな展開で聴かせます。壮大なスケールを孕んだ楽曲が多く、スペーシーとかスピリチャルという言葉が頭に浮かびます。

8人編成で作り出せるマックスのスケールを飛び越えて、次々と繰り出されるグルーヴで会場はドンドンテンションマックスに。

曲も緩急があり、勢いで押しているとはいえ、聴かせるし、魅せる。

旬のアーティストという言葉がぴったりくる素晴らしいパフォーマンスでした。

まあ次作がカマシの真価が問われる作品になると思いますが、少なくとも現時点でカマシが最高のプレイをしてくれたのは間違いないでしょう。

今年のベスト・アクトはカマシ・ワシントンで決まりでしょうw