chocolate genius inc / Truth vs beauty

チョコレート・ジーニアス・Inc 何人の人が知っているだろう?どうもアーティスト受けばかりして、それが売り文句になってるんだけど、どうにも売れない。そのパターンの一人です。 マーク・アンソニー・トンプソンと云うパナマ生まれのアーティストのソロプ…

ジャズとかレディオヘッドとか

余り突っ込むような類の話ではないけど、あえて言っておこうかと。 最近、ジャズがちょっとした流行なのか、「新しいジャズ」なんて言葉を聞きます。 あんまりにもその物言いが漠然としていて失笑してしまいます。 例えば今、「新しいロックがあるんだけど、…

フジロック2017 1日目の妄想スケジュール

さて、そろそろ青写真でも描いていきましょう。 タイムテーブルが出ると変更を余儀なくされるのですが、今は夢を描いてニヤニヤすることが許される期間です。 目一杯欲張ったスケジュールを立ててみましょうw とりあえず見たいアーティストをピックアップで…

フジロック2017 フジロック17サブステージアーティストガイド〜今年はサブステージに惑わされるフジロック

始まるまでもが楽しいフジロック。 時折、そんなことを言ってしまうくらい、アーティスト発表がある度に色々と夢想したり、タイムテーブルを見ながら最善策を検討するのが楽しいのがフジロック。 今年もステージ割発表で、色々な妄想スケジュールをするのに…

ギリアン姐さんが頑張っている

今年、これ以上にワクワクする新譜はないだろうと思うくらい楽しみにしていたB・メルドーとクリス・シーリの共作は、その期待を上回る出来でした。 ジャズとブルーグラス。 共に日本人にとっては敷居が高いジャンルの頂きに立つ二人の共演であれば、難解なも…

フジロック2017 出演者ぞくぞく発表 だけど…

フジロック出演者が続々発表になってますね! でも、なぜか燃えませんw 正直、これは!と思うものがないのですねえw あ、コーネリアスは嬉しいです。小沢健二と「妄想を掻立てる」ブッキングがあるからではなく、コーネリアスのライヴは純粋に見たいですね。…

案外、読書にはテクノが似合う wunder 「wunder」

部屋を整理していたら愛聴盤が出てきました。 部屋に氾濫するCDはますますカオスと化していて、持っているCDさえどこにあるかわからないという体たらくは、どうにかしたいのですが… ただ、整理をしている内に出てくると、まるで購入したかのような喜びがあっ…

フジロック2017出演第二弾発表 は、小沢健二のためだけにある…と言っても過言ではないw

ミュージックステーションに出演し、フジロックへの出演を発表したと聞いた時、「ああ、やっぱり小沢健二だわ」と笑うしかありませんでした。 そして、正式に発表された出演アーティスト発表第二弾は、予想通り小沢健二の出演を正式に発表するためにあったと…

二人の天才の邂逅 C・シーリとB・メルドー

Brad Mehldau (p)Chris Thile (mandolin,vo) クリス・シーリーとブラッド・メルドー。 よもや、この二人が共演アルバムを出すとは思わなかった… かたやジャズシーンを代表するピアニスト、かたやブルーグラスシーンを牽引する気鋭の天才のタッグである。最…

フジロック2017 出演アーティスト 遂に発表!

遂に第一弾が発表されましたね! 昨年より一般受けしそうなメインアクトの面々に狂喜した人も多いはず。 今回個人的に嬉しかったアーティストは以下の通り。 APHEX TWINBJӦRK ポスター表記からしてヘッドライナーでしょう。 ビヨークは説明不要の現在ボーカ…

フジロック2017 出演アーティスト WHY?とエイミー・マンを勝手に希望!

フジロック出演者発表前は、勝手な妄想を弄ぶのが何より楽しい。 これが来るんじゃないか?ツアー日程はどうだっけ?アルバム発売があるからフジロックに出演するんじゃなかろうか?様々な妄想する楽しさもフジロックならでは。 今まで「これが来るとは!」…

2017 fujirock  出演アーティスト大予想!

日程も発表され、既に始まってるフジロック。 1月中に第一弾発表があるかも?とやきもきしている人も多いと思います。 年々洋楽離れも進み、ヘッドライナー候補も挙げにくくなってきている昨今、それでも、あれやこれや夢を広げて楽しめるのがフジロック。 …

今月のライヴ 藤井郷子4

「月1回ならライブもいいよ」と妻が言ったから、今日はライヴ記念日 そんな感じで、月一回入魂のライヴ選びをしているw別に行かなくても良い時もあるし、そういう気分でもない時もあるんだけど、毎月一回のライヴを入念に選ぶのも悪くない。さて、今年の締…

Not All Who Wander Are Lost / Chris Thile

2001年、クリス若干21歳の時にリリースした作品。 一聴してクリスのマンドリンの爽快な響きにドキッとさせられます。 そして、バックにベラ・フレックやJ・ダグラス、エドガー・マイヤーなどが名を連ね、今に続くクリスの異種格闘技戦の始まりが、この作品に…

「1989」はまごうことなき傑作 テイラー・スウィフト

www.youtube.com 今更ですが、テイラー・スウィフトですw なんで?と仰しゃる方もいるかもしれませんが、彼女はれっきとしたカントリーシンガー。インタビューで「カントリーが好きと言っていじめられた」と語っているのを見て、やっぱりそういう風に見られ…

これは貴重な映像になる! パンチブラザーズ「ハウ・トゥ・グロウ・ア・バンド」

www.youtube.com ディランがエレクトリックでライブを行った時に「ユダ!(裏切り者)」とファンから非難されたのは、もはやロック史上の事件として知られています。 偉大なアーティストの大変革は、時に聴衆の激しい非難を浴びます。 その大変革は時代がゆ…

事件だったよ!全員集合! パンチブラザーズ来日公演

今年のフジロックは終わっても、あの一抹の寂しさがなかったのは、パンチブラザーズの来日公演が控えていたから。 それぐらい待ち焦がれていたパンチブラザーズの来日公演。 「これは事件だ!パンチがライブハウスクラスの箱でやるなんて事件ですよ!」と狼…

fujirock 2016 総括その3 歌モンスター復活 UA

しょっぱなから「情熱」!!!!!!! 不意をついて、UAの「やったるで!」的な気合の入った選曲にのけぞった。 ここ数年のUAは、ちょっと学究的というか難しい方に針が振れ過ぎた印象があり、悪くはないのは当然だけど、ちょっと物足りないものを感じてい…

fujirock 2016 総括その2 彼女の涙は何の涙か? James Blake

フジロック初出演の時のジェイムス・ブレイクを見た人で、どのくらいの人がジェイムス・ブレイクに期待していただろう? センセーショナルと言って良いフジ初出演のステージを上回るどころか、多くの人が失望覚悟でグリーンに集まったようにさえ思います。 …

fujirock 2016 総括その1 カマシがカマシてくれた!

終わってしまいました、フジロック。 この時期はやっぱり「誰がベストアクト?」でしょう。 今年のフジロックに関して言えば、即答です。 カマシ・ワシントン! カマシがカマシてくれた!この一言に尽きるんです。個人的には。 3日目、雨がパラつき、怪しい…

誰もが誤解したり、誤解されたり ポール・サイモン

ポール・サイモン?フォーク歌手でしょ。 サウンド・オブ・サイレンスだったり明日に架ける橋だったり、ああ、スカボローフェアなんかもそうだよねw ポール・サイモンのイメージはあらかたこんな感じではないでしょうか? せいぜいソロを聴いていても、ステ…

あなたの泣き顔に 栄光 七尾旅人/兵士A

今更言うことでもないけど、七尾旅人は炭鉱のカナリアのような感性を持っています。 時代に寄り添い続けるイタコのような存在なのでしょう。 「兵士A」 このタイトルを聞いた時、素直に「凄いなあ」と思いましたね。 何か色々な時代の空気の断片が凝縮された…

HMVがAmazonに一生かかっても勝てないワケ

ご多分に漏れず音楽愛好家としてはAmazonをフル活用している。 レコード屋を回るより、値段の比較をしたり、目当てのレコードを探したりするのに時間と労力と価格でメリット大だからだ。 ネット販売で探すとなるとAmazonにどうしてもなってしまうのは、レビ…

もう、この天才少女から目が離せない!サラ・ジャローズ

最新作「アンダーカレント」も激賞され、益々注目を集めるサラ嬢。 ローリングストーン誌が「天才」と認めたのには、彼女の音楽的才能だけでなく、テクニック、歌唱力、表現力全てにおいて群を抜いているからとしか思えない。 ブルーグラス界のノラ・ジョー…

fujirock 2016 かっこいい初めて聴くよなナンバー〜電気グルーヴ

フジロック2016、ようやくタイムテーブルが発表されました。 どのように動くかは、後日ここで発表するにして(誰も待ってないけどw)、改めて思うのは電気グルーヴのクロージングが思った以上に効いているということに尽きます。 よもやの電気グルーヴクロー…

sarah jarosz / song up in her headを改めて聞いてみた

www.youtube.com サラ・ジャローズの1stアルバム「Song Up In Her Head」は、タイトル曲で幕を開けます。 言ってみれば、ご挨拶。そして、今まで大事に温めてきた自身の世界観や音楽観を満を持して披露する場でもあります。 1stアルバムの幕開けの曲は、彼…

fujirock 2016 今年の夏、最も静かなヘッドライナー sigur ros

「孤独とは一人の時ではなく、大勢の人に囲まれている時に感じるものだ。」 とある人の言葉です。 sigur rosの音を聞いていると、この言葉を静謐に変えると、偶然ではありますが、ピッタリ当てはまるように思えてきます。 「静謐とは一人の時ではなく、大勢…

fujirock 2016 電気グルーヴのクロージングが待ち遠しい!

電気グルーヴがクロージング。 当初、ヘッドライナーを当てはめて考えるとウィルコがクロージングもある?と密かに期待していたが、蓋を開けてみたら電気グルーヴだった。 ウィルコにはガッツリやってもらいたかったが、電気がクロージングなら文句なしと言…

fujirock 2016 神様お願いです。一度で良いので苗場で見せて下さい。

ポーティスヘッドがABBAのカヴァーを公開。 独特な世界観は健在。 薄暗い苗場のステージで、これが見れたらどれだけ幻想的か。 本当に一度で良いから苗場で観たいものです。 www.youtube.com www.youtube.com

fujirock 2016 そろそろ2日目の「and more」が気になったりしてないかい? 

そろそろ2日目の「and more」が気になり始めませんか? ほぼ出演者が発表になり、グリーンも横並びにアーティストが並んでいるにも関わらずの「and more」 これを妄想を肥大化させても大概当ては外れるものですが、今年は20周年ですよ!スペシャルなサプ…