フジロック 2016 ウィルコかトゥイーディか?どっちなんだ?

www.youtube.com 先ずは聴けば良い。 ウィルコを語るのは野暮ってところもあるし。 とにかく良いメロディとジェフの今にも泣きそうな歌声で、なんでも許せちゃう… ほぼ欠点の見当たらないパーフェクトなバンド、ウィルコの魅力を語るなんて、やっぱり野暮だ…

クリス・シーリー『How to Grow a Woman from the Ground』

2006年に発表した5枚目のソロ・アルバム『How to Grow a Woman from the Ground』 この作品で集まったメンバーが母体となってパンチブラザーズが出来たとあれば、実質1stアルバムといっても良いかも。 何よりブルーグラス界のジュード・ロウ、奇才、天才、…

フェルナンド・シルヴァ “Miro por la ventana”

もし、ジョニ・ミッチェルの「Shine」が作品としてでなく、音がたまらなく好きだという人や、フィッシュマンズの浮遊感がたまらないという人がいれば、私は、この作品をお薦めしたいといつも思う。(果たして何人いるのかw) 2002年にリリースされ、カルロス…

祝!パンチブラザース 来日

遂にパンチが来日! 結構タナカンのブームはキテルんじゃないか?と本気で思う今日この頃。 とにかく天才にしてワーカホリック、そして溢れる才能をダダ漏れさせまくっているクリス・シーリーが日本で少しでも話題になるのは嬉しい限り。 先ずは一般にも受け…

フジロックに来たら卒倒ものw 余りにも器用貧乏Patty Griffin

オルタナカントリーシーンでは、重要人物の一人パティ・グリフィン。 ソングライティングは女帝エミルー・ハリスからもお墨付き。タナカンシーンのベテラン勢からロバート・プラントまで、彼女のコーラスや歌唱力に全幅の信頼を置き、サポートすること数知れ…

拝啓、ディラン様

この歌は、ほんとに良いですね。 2014年、T・ボーン・バーネット、コステロ、マーカス・マムフォード、リアノン・ギデンスなどが集まったプロジェクトの一曲。 オルタナカントリーが充実している事が見てとれるPVだと思う。 マーカスの歌が最高に良いし、演…

Fujirock'16 ヘッドライナーは3つしか見れないのだ 妄想ヘヴンタイムテーブル

2016年のフジロック、出演者発表は、久々にワクワクする発表だった。 ロバート・グラスパーにカマシ・ワシントン、シガーロスにスクエアプッシャーと、見たいメンツが並び、レッチリやクーラシェイカー、ベン・ハーパーとお馴染みのメンツが並ぶ。かなり良い…

フジロック 2016 今年の台風の目の一つはスクエアプッシャー?

www.youtube.com フジロック第二弾が発表され、ベックやレッチリの話題が盛んですが、今までの出演者の中で個人的に注目は、なにげにスクエアプッシャーだったりする。 実はスクエアプッシャーはかなり新世代ジャズアーティストからのリスペクトがある。D・…

Sarah Jarosz 新作リリース!

今やタナカンシーンの注目の的、サラ・ジャローズの待望の新作が6月17日にリリース決定。 天才少女と言われたサラは、デビューアルバムから注目を集めていましたが、2013年リリースのBuild Me Up From Bonesで一気に風格さえ感じさせるまでになった。 特…

フジロック出演か?(願望)リアノン・ギデンズ

www.youtube.com リアノン・ギデンズの来日が3月に決定。 個人的にはブルーノートやビルボードは好きじゃないので、行きたい気持ちは十分あるけれども行かないかなあ… リアノンは、カロリーナ・チョコレート・ドロップスで、ニグロジャグという埋もれてしま…

O Brother OST

アメリカーナ、オルタナカントリーなんでも良いけど、それらを語る上で、この映画も重要なんだと思う。 コーエン兄弟はファンなので、当時映画館で見たが、まだこの映画の音楽について、なんらかの興味を持つことは余りなかった。 しかし、このサントラは驚…

Bring the Family/John Hiatt

久々にアナログで聴いてしまったw やっぱり怒濤の名盤だなあ。これは高校を卒業した頃、コステロやパブロック周辺の人に夢中だった時にニック・ロウとライ・クーダー、その上必殺仕事人のジム・ケルトナーがバックだって言うんで買った作品。購入時は、ジョ…

SPY BOY/Emmylou Harris

オルタナカントリーを考察するにあたって、一つの起点にしているのが、エミルーの傑作「レッキングボール」。 カントリーの女帝がロックというジャンルに真っ向から挑んだ傑作でしょう。 ダニエル・ラノアという当時「時の人」だったプロデューサーを招いて…

AOIFE O'DONOVAN / IN THE MAGIC HOUR

来日公演もあり、サラ・ジャローズ、サラ・ワトキンスと共に好事家から注目を集めるイーファ・オドノバンの最新作。 サラ×2も参加した④も収録されている上に、初回限定版にアコースティックEPが付いているとあって、久々の新作購入。 本作は、少しロック寄…