読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AOIFE O'DONOVAN / IN THE MAGIC HOUR

来日公演もあり、サラ・ジャローズ、サラ・ワトキンスと共に好事家から注目を集めるイーファ・オドノバンの最新作。

サラ×2も参加した④も収録されている上に、初回限定版にアコースティックEPが付いているとあって、久々の新作購入。

本作は、少しロック寄りなアレンジで、少しばかりオルタナカントリー色が薄らいでいて、奥行きのあるダニエル・ラノア絡みのU2のようなアレンジが目立つ。

マイ・モーニング・ジャケットのプロデューサーが手掛けているとかで、そこらの影響が強いのか。ちょっと肩すかしの印象もある。

楽曲もサラリとした耳触りの良いものが多く、じっくり聞いていくことで味わいが増すタイプの作品のよう。

ひっかかりが少なく、個人的にはちょっと物足りないかな。

ここは一つアコースティックEPが聴き所と言った方が良いかも。

スプリングスティーンの「ネブラスカ」をカバーしており、本作からも3曲がアコースティックVerで収録されている。

ネブラスカ」は出色だし、アコースティックEPの方がイーファの透明感溢れる声が活きている。

初回限定版を買う事をおすすめします。

 

f:id:shibusa423:20160220171909j:plain