読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O Brother OST

f:id:shibusa423:20160306121933j:plain

アメリカーナ、オルタナカントリーなんでも良いけど、それらを語る上で、この映画も重要なんだと思う。

コーエン兄弟はファンなので、当時映画館で見たが、まだこの映画の音楽について、なんらかの興味を持つことは余りなかった。

しかし、このサントラは驚くことに100万枚売れたらしい。

T・ボーン・バーネットプロデュース、エミルー・ハリス、ギリアン・ウェルチ、アリソン・クラウスの共演が聞けるだけで、一部好事家は買いです。

ブルーグラス、カントリーの楽曲が、古き良きアメリカを舞台にした劇中に流れます。

とはいえはっきり言ってアルバムとしては、オルタナ以前というかブルーグラス、カントリーの元祖も元祖といった感じの武骨な曲が多く、とっつき易い作品とは言い難い。

100万枚売れるような作品とは、とても思えないというのが正直な感想。

ギリアン・ウェルチファンの方は、ライヴでも時折歌っている「I'll Fly Away」が聞けるので聴く価値十分ありだと思います。

この作品の後、コーエン兄弟は「インサイド・ルーウィン・ディヴィス」という、アメリカーナの流れに沿った作品があり、こちらにもギリアン・ウェルチやジャック・ホワイトなどが参加しており、ちょっとしたアメリカーナの流れが汲み取れるようになっています。