読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Justin Townes Earle / The Good Life

オルタナカントリー

f:id:shibusa423:20160423015143j:plain

情報過多は情報不足と紙一重。

ただでさえ情報が入りにくくなった感のある洋楽シーンにおいて、オルタナカントリー系のアーティストの情報なんて、ほんとネットで手探りで探すしかありません。

かねがね気にしていたジャスティン・タウンズ・アールだって、NPRで偶然見かけなければ、全く知らないままでもおかしくありませんでした。

この人、かのスティーヴ・アールのご子息です。

ただ色々家庭の事情があって、親子とはいえ一線を画しているようで、それでもミュージシャンになるのだから、正に「血」なのかもしれませんね。

この作品は2008年リリースのファースト。

武骨かつロック臭をプンプンさせる父親と違って、かなりバラエティに富んでいる上にアメリカーナの様々な要素を散りばめた思った以上に好みの作品でした。

ジャズやカントリー、ロックやブルースに留まらず、あらゆるアメリカで流れる音楽を詰め込んだような作品で、予想以上にジャンルレスで好みでした。

ただ、このようなジャンルレスな作品は、捉えどころがないだけに埋もれがちなのも確かで、人はそれを器用貧乏と言ったりします。

個人的には一枚のアルバムで様々な音楽が聞けるのは好物なので、ジャスティンのこの作品は一聴して気に入ってしまいました。

ボーカルも上手いというより味わいのある声で好み。バックの演奏も手堅く、様々な曲調にジャストな感じで寄り添っています。

アメリカーナ好きで、ちょっと探求気質の人であれば気に入ること請け合いです。

他のアルバムも聞きたくなりました。見つけたら即買いアーティストにエントリーしてもなかなか懐の深いアーティストのようです。

 

www.youtube.com