読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「1989」はまごうことなき傑作 テイラー・スウィフト

オルタナカントリー

www.youtube.com

今更ですが、テイラー・スウィフトですw

なんで?と仰しゃる方もいるかもしれませんが、彼女はれっきとしたカントリーシンガー。インタビューで「カントリーが好きと言っていじめられた」と語っているのを見て、やっぱりそういう風に見られるもんか…と改めて思ってしまった次第。

彼女の「1989」はジャケットがソフィア・コッポラの映画みたいで気になっていたというか、とても好きだったのですが、かのライアン・アダムスが丸々アルバムをカバーと聞いて、これはちょっと見過ごせないと思って、ブックオフで500円だったので購入した次第ww

 

さて、一聴しての印象はシンディ・ローパーの傑作「ハイスクールはダンステリア」(あえて邦題で書かせていただきます)

冗談ではなく、第一印象で浮かんだのはそれです。

揺るぎないメロディ、色褪せることのないポップ性を帯びた強い楽曲を、現在進行形のアレンジでデコレートした作品というのでしょうか。

80年代らしいアレンジながら、シンディのあの傑作は楽曲が段違いに素晴らしいが故に時代の風化に耐え、今でも十分評価されている。

それに似た印象がテイラーのこの作品にはある。

楽曲が強い。ライアンがカヴァーしたのは、これだけの楽曲だったらアメリカーナで歌って良かっただろう、というクレームにも似た賛辞としか思えない。

テイラーがカントリーシンガーとしても逸材なのは間違いないのですが、このアルバムでジャンルを飛び越え、今風のポップミュージックなんて余裕で出来ますよと高らかに宣言したような作品だと思います。

 

それこそ、古びれてしまいそうな今風のアレンジも意図的で、それでもこれだけの楽曲だったら時代の風化に耐えられると言っているようでもあります。

まごうことない傑作。2010年代を代表する一枚でしょう。

もちろん、その作品のクオリティは相当なもので、テイラー侮りがたしと言わざる得ない強力な作品です。