読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フジロック2017 出演アーティスト WHY?とエイミー・マンを勝手に希望!

フジロック出演者発表前は、勝手な妄想を弄ぶのが何より楽しい。

これが来るんじゃないか?ツアー日程はどうだっけ?アルバム発売があるからフジロックに出演するんじゃなかろうか?様々な妄想する楽しさもフジロックならでは。

今まで「これが来るとは!」といい意味で足元をすくわれたことがある人なら、尚更妄想に拍車がかかるんじゃないでしょうか?

 

さて、今年は1月からお気に入りのアーティストが新作をリリース。俄然妄想に拍車がかかっています。

ちょっと無理そうなC・シーリ&B・メルドーから始まり、2月にはリアノン・ギデンスがリリース。

3月はなんとエイミー・マンとWHY?が新作をリリースするという嬉しい悲鳴。

エイミー・マンは朝霧、フジと出演済みなので、ちょっとした常連さんと言ってもいいでしょう。

妖艶な容姿に圧倒的な評価を受けるソングライティングに作詞の才能。

ここは是非出演を希望したいところです。

多くのビギナーが映画「マグノリア」で止まってしまいがちですが、エイミーの魅力はそこで止まってしまってはもったいない。

ソロアルバムは駄作なしと言っていいし、コンセプトアルバム「フォーゴットンアーム」や3分間ポップの玉手箱のような「バチェラーNO2」など、素晴らしい。

近年の「スマイラー」や「チャーマー」も憎めないポップアルバムです。(ちょっと荒っぽい作りではありますが…w)

音楽を愛する多くの人に好きになっていただきたい良心的女性ボーカリストです。

www.youtube.com

(二大「SAVE ME」といえば、クイーンとエイミーですねw)

 

そして、4年半ぶりに新作をリリースするWhy?も期待したいですね。

来日公演も結構やっていて、日本での人気も(密かに)盤石なのがWhy?

奇才ヨニ・ウルフ率いるWhy?は、アンチコンという一時期一世を風靡したヒップホップレーベルのユニットだったのですが、いつの間にかバンドになっていたようですw。

ヒップホップと言いますが、どこかとぼけた感じが魅力で、ヒップホップ界のビーチボーイズと秘かに呼んでいます。

いわゆるヒップホップ的なアプローチをするのではなく、初めからほぼポップバンドのようなサウンドプロダクションで、初めて聞いた時からいわゆるボーカル以外は、どこぞのポップバンドとしか思えないドリーミーなサウンドが魅力です。

私が見た来日公演でもポップパワー炸裂で、鉄琴を乱打するというwヒップホップのイメージからはかけ離れたプレイで大盛り上がりしていました。

傑作「エレファント・アイ・フラッシュ」で見せつけたヨニのポップセンスは本物というしかなく、その後も快作を立て続けにリリース。

独特のポップセンスは新作からの新曲でも健在。今にも泣き出しそうな鼻声ラップで聴く者をポップでヒップでサイケな世界に引きずり込みます。

もともとゆるいユニットの形態のバンドなので、是非フジロックでは大人数でゆる〜く豪華なライヴを期待したいところです。夜のレッドが良いなあw

www.youtube.com

www.youtube.com