フジロック2020 出演アーティストはこれだ!? 色々よぎる出演アーティスト候補

そろそろフジロックのアナウンスも増えていって、第一弾発表への期待が膨らむ時期になってきました。

今年の出演で注目は、なんといってもレイジですね。

レイジ、テーム・インパラ、テイラー・スウィフトあたりが、ヘッドライナーに食い込んでくるかどうか?が注目されています。

まあ、私の予想はエルトン・ジョン、Lizzo、電気グルーヴって変化球ですけどねw

とはいえ、毎年言ってますが、ヘッドライナーは3組だけですw

ましてやホワイトあたりに元気のいい次期ヘッドライナー候補なんてぶつかった日には、悶々とする日々になるのはフジロックではいつものこと。

個人的には昼間や夕方あたりに、これがくるか!と言うアーティストが充実した方が、フジロックは俄然面白くなるので、ここらを期待するんですけどね。

例えばスティーヴ・レイシーなどは来日公演もあって、フジロックに出てきたら面白そうだなあと思うし、先日の来日公演が大好評だったタンク・ザ・バンガスなんてニューオリンズ系が大好きなフジロックに似合いそうですよね。

もうすぐ来日のジャズ畑のベッカ・スティーヴンスも夕方のヘヴンでやってくれたら、それこそ至福の時間を過ごせそうですw

新作のリリースが控えるフランスの異色ピアニスト、シャソールもビジュアルも込みのライヴパフォーマンスなだけに今のフジロックのトレンドから考えれば、ホワイトあたりでお似合いかと思うのですがいかがでしょう?

今はジャズ系のアーティストへの注目が上がってきているので、石若瞬あたりを中心にanswer to remember、クラックラックス、長谷川白紙、中村佳穂など新世代の出演も国内アーティストでは期待できるんじゃないでしょうか?

個人的にはここ数年ずっと期待せずに期待しているwオルタナカントリーのアーティスト、クリス・シーリを中心としたパンチファミリーでS・ワトキンス、S・ジャローズ、ベラ・フレック人脈のアビゲイル・ウォッシュバーン、シエラ・ハル。大物ではデヴィッド・クロスビー、デッド繋がりのB・ホーンスビー。先日来日したJ・イゾベルなどを期待するけど、さすがに無理なんだろうなあ…w

ロック系のアーティストをいつも楽しみにしているだけに、レイジか?インパラか?って盛り上がりも良いですが、ヘヴンとかホワイトで出てきそうなアーティストにも注目したいところですw

www.youtube.com

フジロック2020 出演アーティスト予想! 今年はエルトン・ジョンが来るw!!!

f:id:shibusa423:20200203103748j:plain

フジロックの楽しみの一つは、やっぱり出演アーティストを妄想することですねw

お正月からソワソワしてw、ああじゃないこうじゃないなんて、仲間内で言い合うのは無性に楽しいものです。

野球ファンがキャンプシーズンに、こうすれば優勝できるみたいな妄想を膨らませて語り合うのと一緒です。これがみたい、あれがみたいと無責任に、しかも無限に妄想を膨らませるのは楽しいものです。

で、ここだけの話ですけどww

とっておきの情報がありますよ、みなさん。

フジロック2020のヘッドライナーの一つを、ここだけの情報としてお話しましょうw

レイジですか?それは誰でも予想してますよ、そんなのあえてブログで書くような情報じゃなりません。

 

そのアーティストは……エルトン・ジョンですよw

何せ引退前のラストツアーを敢行中のエルトン・ジョンですが、これがどうやら来そうですよ、あんさんww

日高社長のインタビュー見ました?あれで幾つか飾ってあるグッズが掲載されてますよね。ビートルズイージーライダー。ここまではまあイメージ通りです。

で、次に出てくるのがトリフォーの「ピアニストを撃て!」 (上記写真)

ん?トリフォーのピアニストを撃てって日高社長のイメージからは想像できませんよね?。むしろ、真逆じゃないですか?

これってヒントなんじゃ…私はピンときましたよ。

時折、あれがヒントだっただろ、みたいな大人気ないことを言い出す日高社長です。さりげなく2020のフジロックのヘッドライナーを予告したんじゃないでしょうか?

エルトン・ジョンのアルバムに「ピアニストを撃つな」っていうのがあるんですよ。

これは今年のフジロックのヘッドライナーのヒントだったに違いないです!

今のところネットで、これを予想している人はいません!今ならトトカルチョのネタにもなるし、どうやらエルトンが来そうだね、なんて預言者めいた言動で周囲を当惑させるのもアリじゃないでしょうか?

個人的にはエルトン、見たいです。

正直名曲、マイルストーン的な楽曲目白押しです。

「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」や「ユア・ソング」みたいな誰でも知ってるベタな名曲から、個人的には「僕を救ったプリマドンナ」とか「イエローブリックロード」みたいな珠玉のバラード、「I’m still standing」とか元祖ベンフォールズファイブみたいなアップテンポのナンバーも最高です。

来たらいいなと正直思います。みんなでエルトンと笑顔でお別れするも良し。

なんて妄想を広げまくるのは楽しいですね。苗場でエルトンって夢がありませんw?

 

www.youtube.com

フジロック 2020 出演アーティスト 予想!Fujirock 2020 出演アーティスト今年も当てていきます!

明けましておめでとうございます。遅ればせながらのご挨拶になります。

さて、一発目はやはりフジロック出演者予想です。

昨年は8アーティストほど当てる快挙を成し遂げましたが、今年も狙っていきますw

 

なにやら「フジロックかわります」など意味深な告知もあり、ファンは戦々恐々としていますが、もう2年前くらいからフジロックは時代に合わせて変わってきていたのというのが個人的な感想ですかねw

昨年のSIAなどは最たるものだし、ケンドリック・ラマーがヘッドライナーだったりするのも変化だったと言えるでしょう。

今年は大きく変わるのかもしれませんが、海外のフェスもヒップホップ勢やポップ系の躍進で大きく変わっているのですから、それは当然のことだと思います。

数年前誰がコーチェラにきゃりーぱみゅぱみゅ初音ミクが出演すると思いましたw?

ということで、今年の予想ですw

今年も予想者3名。ステージごとに5名の予想をしました。

グリーン

A 電気グルーヴ、Britany Howard、King Gnu東京事変、Lizzo

B Rage Against Machine、Coldplay、Taylor the Creator、Tame Impara、Chance the        Rapper

C Beck、Tool、Foo FightersPearl Jam、Lana Del Ray

 

ホワイト

A FKA Twigs、Foals、Floating Points、Iggy Pop、Haim

B David Byrne、Battles、Big Thief、筋肉少女帯人間椅子

C Strokes、Number Girl、Idles、Stereo Lab、坂本慎太郎

 

レッド

A Chai、Snail Mail、ジャミラ・ウッズ、Creepy Nuts、ライムスター

B Rex Orange County、Mura-Masa、サンダーキャット、Sufjan Stevens、Crk/Rcks

C  シャロン・ヴァン・エッテン、田我流、King Krule、ゆるふわギャング、

  サニーデイ・サービス

 

ヘヴン

A イ・ラン、元ちとせ、Kit Sebastian、Jagataraカーネーション

B 細野晴臣、Answer to remember、Mel-Raw、曽我部恵一、ステレオチャンプ

C OOIOO幾何学模様、Bad Bad Not Good、東京スカパラダイスオーケストラ

  UA

 

苗場食堂他

A パソコン音楽倶楽部、Whitest Boys Alive、アナーキー(バンド)、

     チャランポランタン、Charlie XCX

B コトリンゴ、青葉市子、フランク・オーシャン、Begin、テイラー・スウィフト

C T字路’s、Wilco切腹ピストルズ、Red Hot Chilli Peppars、佐野元春

 

いかがでしょうか?

とりあえずの仮置きですので、ステージなどは変更可で、ステージで入れきらなかったものなどは苗場食堂などに名前を入れていますw

今年日本人アーティスト初のヘッドライナーに電気グルーヴが抜擢されると予測してみたのですが、いかがでしょうw?

ヘッドライナーはLizzo、電気グルーヴ、??????と予想しているんですけどねw

個人的なトレンドとしては、ヒップホップ、テクノ系、ビジュアル重視のステージ演出が可能なアーティストなどが増えている傾向にあるので、そこに重点を置いてピックアップしてみましたw

さてさて、どうなりますか?第一弾発表までは変更可なので、変更もありつつ今後も検証していきます!

 

www.youtube.com

ハウスと思ったことは一度もないw ムーディーマン

f:id:shibusa423:20191230000753j:plain

個人的に生涯ベストクラスのアルバムの一つがムーディマンの「ブラックマホガニー」で、ついで本作を初めて聞いた時の印象は「おっしゃれ〜」でしたw

ところが聞いている内にオシャレと言うよりは、なんかブラックカルチャーの怨念がへばりついていると言うか、粘着質のグルーヴの渦に絡め取られるような、ちょっと怖いような印象を持つに至りましたw

「ブラックマホガニー」については、いつかじっくり書きたいと思ってますが、ここはまず久々に聞いた「マホガニーブラウン」について軽く書きたいと思います。

久々に聞いて思うのは本作がブラックミュージックの足跡に最大の敬意を払っている印象があることです。

これはムーディマンの作品に共通するもので、とても律儀なアーティストというのが個人的な印象ですね。

本作は「ブラックマホガニー」がジャジーなのに対してソウルフルな印象です。

特に①でヒップホップ的なアプローチをして時代性を明確にしながらも、ラストの「Black Sunday」のゴスペル的な高揚感は、リアルなゴスペルではなく疑似ゴスペルのようでありながらも、ハウスで括られるアーティストの音とは思えない非常に伝統的なゴスペルが持つ無骨なソウルを強く感じます。

この人の作品を聞くたびに、この人はハウスなのだろうか?と首を傾げてしまいます。

一貫してブラックミュージックを俯瞰しているDJのイメージしかありませんw

傑作「ブラックマホガニー」で個人的に比するものは常にジョン・コルトレーンの「至上の愛」です。多くの人に共感してもらえるとは思いませんが、いつもこの二作は自分の中では同ジャンルというか同線上にある作品です。

どこか底が見えない、だからこそ惹かれずにはいられない。

快楽を追い求める「音楽」の中で、どこか快楽以外に的を絞りながら、結局快楽に行き着いたような摩訶不思議な作品というようなイメージです。

本作もそんな底知れなさを感じるというか、ムーディマンなりにブラックミュージックの足跡を一枚に凝縮してみせようという無謀なコンセプトが見え隠れするように思えます。

ロジャー・ウォーターズ ピンクフロイドでもプログレでもなくシンガーソングライターとして…の考察

f:id:shibusa423:20191222191605j:plain


生涯ベストのアルバムを時折考えたりしますが、その中にピンクフロイドの「ファイナルカット」が恐らく入ります。「狂気」でも「原子心母」でもなく「ファイナルカット」です。

よくこの話をするとプログレファンやフロイドマニアが僅かに顔を歪めたものです。

大概よりによって「ファイナルカット」かよ、と顔に書いてありました。

ポップマニアならシド・バレットをどう思ってんだよ?的なニュアンスでしたし、プログレマニアからはフロイドなら「狂気」や「原子心母」が出てくるとはなから思っている節がありました。

でも、個人的にはフロイドをリアルタイムで聞いた「ファイナルカット」ほどリピートし、心動かされたアルバムはないのだからしょうがありません。

ジャケットはヒプノシスではないし、ほぼロジャーのソロアルバムと言っていい「ファイナルカット」は鬼っ子っぽい雰囲気が今まであったのです。

徐々にその評価も変わりつつあるかもしれませんが、少なくとも20世紀中は、そのような評価が結構普通にあったように思います。

トランプ政権が生まれて、2017年、その反動でロジャーは四半世紀ぶりにアルバムを発表したのです。

それが本作。

プロデューサーはレディオヘッドなども手がけたナイジェル・ゴルドリッチ。

バックにはゴルドリッチやジョーイ・ワロンカー、ロジャー・マニングが参加していて、プログレ畑と言うよりはポップ畑の人たちが心躍らせる布陣です。

なんとはなしに聞いていなかったけれど、ロジャー親派としては無視は出来ない。

アナログが安値で出ていたので、ようやくきっちり向き合って聞きました。

一聴してロジャーのアルバムと分かる。しかも「ファイナルカット」の頃と変わらないサウンドコラージュもあるし、叙情的なメロディ、シンプルな弾き語りに泣きのフレーズがあって、続けざまにプログレ的な扇情的な演奏が続き、ちょっとしたカタルシスを感じさせる構成もロジャー節と言って良い。

やっぱりロジャーでしょwと思わずほくそ笑んでしまう。

そもそもロジャーのソロを語る時、プログレと言うジャンルやプログレとしてのピンクフロイドの延長線上で語るのに少し無理があるのかもしれないと思います。

私見ですがロジャー・ウォーターズを聞いていると、この人の根っこはシンガーソングライターなのではないか?と思うことがあります。

名曲「Wish You were here」のカヴァーに弾き語りが多いのは、そこに弾き語りが一番似合う楽曲であることを多くの人が見抜いているからではないでしょうか?

世が世であればロジャー・ウォーターズはSSWとして大成したんじゃないかと思う時が結構あるのです。

ドラマチックだったり、テーマが前面に打ち出された歌詞、繊細で美しいメロディ、かなりな左の思想。これらの要素を鑑みてもロジャーはフォーク歌手に近いものがある。

本作においても、もちろんプログレチックなサウンドやメロディ、トラックもあるけれど、相も変わらず身をよじってしまいそうな美しくも繊細な楽曲が印象に残ります。

トランプ政権に猛反発したロジャーが重い腰を上げて作らなければならなかった作品。

この出どころからしてフォークっぽさを感じませんか?

ファイナルカット」以降のロジャーの作品にはどこかフォークくささを感じることが結構あって、本作ではその印象を一層強く感じました。

どこかフォーク臭く、ディランに近いものさえ感じてしまう程です。

そして、個人的にはそこに強い魅力を感じる作品でした。

一連のソロ作同様「ファイナルカット」から連綿とつながるものがあり、そこが魅力でもあります。つまりは純度の高いSSWロジャー・ウォーターズの作品なのだと思います。

 

アナログはDLコード付き。強くおすすめです。(今更ですがw)

 

フロイドの中でも最も人気のある曲の1つですが、これもギターソロを除けば、どこかフォークっぽいと思うんですけどw

www.youtube.com

 

まさかアナログと出会えるとわっ! バディ&ジュリー・ミラー「チョーク」

f:id:shibusa423:20191130000547j:plain

ここ日本において、アメリカーナ系のアルバムはただでさえ流通が極端に少なく、店頭で出会う率は限りなく0に近いでしょう(泣)

ましてや、そのアメリカーナの中でもいぶし銀などと言われるアーティストとなったら最早見かけただけでも奇跡というものです。

バディ・ミラーは大好きなアメリカーナのギタリストで、エミルー・ハリス、ロバート・プラントなどの大御所のバックも務める腕利きです。

ソロ作も出しており、これが歌も上手い。加えて奥さんもエミルー姐さんに太鼓判を押されるソングライターであり、リッキー・リー・ジョーンズを彷彿とさせるロリ声のシンガーと至れり尽くせり。

そんなミラー夫婦名義の傑作が、この「チョーク」です。

2009年にリリースされた本作は、エミルー姐さんやロバート・プラント、スチュアート・ダンカン、パティ・グリフィン、加えてブレイディ・ブレイドとバックも豪華。

収録曲も泣けるバラードから、ロカビリー風のロックンロール、ジャズなど、まさにアメリカ音楽のいいとこ取りの純度の高いアメリカーナです。

CDで愛聴していた本作のアナログをひょいと見つけた時の喜びときたら!それこそ即ポチですよ!即ポチ!

CDさえ見つけにくい本作のアナログが出るなんて、日本で13人くらいの人が悔しがってると思いますw

早速針を落としたのですが、アナログならではの音の位相がハッキリと感じられる上に、バディ夫妻のシビれる歌声の余韻が艶かしいエロい仕上がりになっています。

アナログで映えるブレイディの的確かつメリハリの効いたドラムが良いです!

アメリカーナという括りの中で豊かな音楽性を見せつける本作は、アメリカーナのジャンルの中でも傑作の部類なのは間違いありません。

勿論、クリス・シーリを中心とした新進気鋭のアーティスト達の躍進が面白いのは間違いないのですが、こういったベテラン勢の熟成肉のような噛めば噛むほどに味わい深い歌に耳を傾けるのもアメリカーナの楽しみの一つかと。

少しでもアメリカーナに興味がある方なら必聴の一作だと断言できますw

 

www.youtube.com

世が世だったら洋楽ファンだった人の受け皿? ずっと真夜中でいいのに@ZEPP東京

f:id:shibusa423:20191128232006j:plain

YouTubeでの爆発的なアクセスで話題になった「ズトマヨ」のライヴにお誘いがあったので好奇心から行ってみましたw

フジロックレッドマーキーでのライヴをチラ見した時にオープンリールのテープデッキでスクラッチみたいなことをやってて、オモロそうと思ったのだけれど、曲が始まると結構普通で、目当てのバンドもあったのでスイと出てしまったバンドです。

今回ワンマンライヴを見て思ったのは、随分「椎名林檎」エキスが強いなということ。

かなりメロディとか椎名林檎に似ていて、結構影響受けてる印象でした。

あと初期スパンクハッピーにも似た感じで、バックの演奏が面白い。

傾向としてはイントロから1分間に「何だこれ?」という違和感を感じるフレーズや音を持ってきて、聞かせた上で安定のJポップな曲に流れていく配信世代ならではの曲展開をうまくしていることです。

確かに音の構築の仕方が面白くて、イントロで「おっ」と身を乗り出して聞くと結構

そつないメロディが奏でられてたりして、少々不完全燃焼。

ただ、かなりちゃんとしていて、思った以上に面白い。バックの演奏が凝っていて、オープンリールでのスクラッチや、和楽器風のインストを使った楽曲、ワールド系からテクノ系の美味しいところを使った演奏には身を乗り出すことが何べんかあった。

多分、自分たちの時代だったら洋楽ファンになるタイプの文科系男女タイプが好きになっている感じ。

客層もライヴ前に見た感じだと、女性が結構多いのも意外だったけど、年齢層も低く、アイドルファンとはちょっと違う草食系男子っぽい子が多かったようです。

たまには縁の薄いジャンルのライヴを見に行くのも面白い。

いろんな意味で卒のないライヴでしたw