読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリアン姐さんが頑張っている

f:id:shibusa423:20170509000317j:plain

今年、これ以上にワクワクする新譜はないだろうと思うくらい楽しみにしていたB・メルドーとクリス・シーリの共作は、その期待を上回る出来でした。

ジャズとブルーグラス

共に日本人にとっては敷居が高いジャンルの頂きに立つ二人の共演であれば、難解なものになるかもしれない…とも思いましたが、むしろ素晴らしいポップアルバムに仕上がっており、やはり天才は違うと唸らされました。

B・メルドーのピアノがクリスのバンジョーに煽られ、メルドーのベースタッチにクリスが煽られる。

この高みへと上がっていく理想的な循環が、作品を躍動感のある快作を作り上げていて、聞いていて爽快な気分にさせてくれます。

その記念すべき共演作に収録された「Scarlet Town」はもちろんのこと、日本盤のボートラに収録されたのが「Dark Turn of Mind」。共にギリアンの楽曲です。

クリスもサラ・ジャローズ同様、ギリアンのファンなのでしょう。ソロ名義でも「Way Side」をカバーしており、ギリアンのカヴァーはお手の物です。

そんなギリアンリスペクトに刺激されたのでしょうか?遂に!というのも不思議ではありますが、最新作「The Harrow and The Harvest」のアナログ盤リリースが決定しました。

ギリアン姐の音楽を知るファンであれば、むしろ「アナログでこそギリアン姐の歌は映えるんじゃないの?」と思うことでしょう。

調べた限りではアナログでリリースされたのは「Soul Journey」だけで、これも現在入手困難になっています。何枚リリースされたかも定かではありません。おそらくごく少量のプレスだっただろうと思います。

彼女の数少ないオリジナルアルバム(ほぼ20年のキャリアで!)5枚と言う寡作さではありますが、「The Harrow and~」が、二人のキャリアの中でも傑作の一つであるのは間違いないでしょう。

既に孤高の存在であり、ギリアン姐とデイヴ兄ぃしか到達しえない境地にいると言っても過言ではなく、バンドスタイルで録音された「Soul journey」から、またもや二人のみの演奏へ回帰、見事な静謐さ、静けささえ聞かせてしまうサウンドには惚れ惚れしないではいられません。

そして、この作品での聴きどころの一つである「Dark Turn Of Mind」のPVがアナログリリースと同時に公開されたのも「分かってる」感が強い。

当たり前のことだけれど、二人が一番二人の魅力を分かってるってことでしょうw

オルタナカントリーファンであれば、ギリアン姐の作品をアナログで聴くことに特別な意味があると思う人は少なくないはず。

今回のアナログリリースが、特別な意味を持つのはリリースされて2年を過ぎてからリリースされることからも分かると思います。

ちょっとでも興味を持った方は是非。決して損はしないはずです。

 

www.youtube.com

フジロック2017 出演者ぞくぞく発表 だけど…

フジロック出演者が続々発表になってますね!

でも、なぜか燃えませんw 正直、これは!と思うものがないのですねえw

あ、コーネリアスは嬉しいです。小沢健二と「妄想を掻立てる」ブッキングがあるからではなく、コーネリアスのライヴは純粋に見たいですね。

以前、恵比寿リキッドルームで見たコーネリアスゆらゆら帝国ジョイントライヴは、双方のライヴのクオリティが半端なく、生涯ベスト級のライヴでした。

この時のコーネリアスは「point」ツアーで、ステージ上の映像とバンド演奏がリンクしていると言う凄まじいおたくチックなライヴでしたが、本当圧巻でした。

しかし、その後発表されたアーティストには、あまり琴線が触れるものがありません。

f:id:shibusa423:20170506190340j:plain

f:id:shibusa423:20170506191437j:plain現在はこのような感じです。

1日目は、QOTSAとXXが楽しみですね。あと、ARCAがどんなステージをするかが楽しみです。日本勢ではougaでしょうか。

2日目は、なんと言ってもエイフェックスですが、おそらくエイフェックスのライヴが感動的ということはないでしょうw見ることに意味があると言った感じでしょうかw

むしろコーネリアス小沢健二でしょうね。この日の目玉は。

この2組以上の目玉はそうそう考えられないでしょう。

個人的には少々見たいのが、テンプルズ、レモンツイッグスでしょうか。

3日目は、何をおいてもビヨークでしょう。今年の名実共にヘッドライナーと言っていいと思います。

他に期待しているのは、オルタナカントリー系のsturgill simpson。トロンボーン・ショーティあたりはお祭り的な意味合いで楽しみです。あとポップ系ですがReal Estateでしょうか。ロン・セクスミスも夕方あたりにまったりみたいですね。

 

しかし、何かが足りないのです。

渋めのサプライズ。「こんなの呼んじゃうのか!」という驚きがない。

むしろ、手堅く置きにいっている印象が否めません。

ワールド系もないのが寂しいですね。元々、ワールド系のセレクトは得意ではないのがフジですが、ワールド系、ブラック系で面白いのが欲しいところですね。

今後に期待したいところです。頑張れ!フジロック

案外、読書にはテクノが似合う wunder 「wunder」

部屋を整理していたら愛聴盤が出てきました。

部屋に氾濫するCDはますますカオスと化していて、持っているCDさえどこにあるかわからないという体たらくは、どうにかしたいのですが…

ただ、整理をしている内に出てくると、まるで購入したかのような喜びがあったりするのも、なかなか捨てがたい快感だったりしますw。

今日、部屋から発掘されたのはドイツのテクノレーベルKaraoke Kalkから1999年にリリースされたwunderです。

f:id:shibusa423:20170320201623j:plain

ちょっと不思議なジャケットでしょう。不思議と印象に残ります。

このジャケット同様、強く印象の残るエレクトロニカの作品です。

ヴィクセル・ガーランドがwunder名義でリリースした作品で、リリース当時輸入盤店では相当話題になり、人気を博しました。

テクノというにはアナログ以上にアナログチックな手触り。「ブラジル」のカヴァーやB・ホリデイのサンプリングなど、テクノなのにノスタルジックな感傷を起こさせる手練れなリスナーを裏切るサウンドが、当時斬新でした。

アンビエントのようでもあり、静かなジャズのピアノソロのような静謐さがあり、サンプリングされた音は、まるで微かに聞こえて来る都会の喧騒や森の中の鳥のさえずりのようでもあります。

「新しいのに不思議に懐かしい」

そんな印象を与える不思議なアルバムで、改めて聴いても現在聴けるポップなエレクトロニカと比べても全く遜色がないことに驚きます。

エポックメイキングな作品が、すでにあらゆる要素を網羅している典型の一つと言ってもいいでしょう。

当時、読書のBGMに愛用していた作品ですが、某レコードショップの読書のBGM向けの編集盤にもセレクトされていて、大いに頷けるものがありました。

今まで読書用BGMとして愛聴してきたものをあげると、ムーディマンの「ブラックマホガニー」、砂原良徳の「Love Beat」、それにwunderと、案外テクノの作品をBGMにすることが多かったように思います。

波長の合うテクノの作品は、かなり中毒性が高く、病みつきになるのはジャズに通じるものがあるようにも思えます。

名もなき傑作。

そんな冠が相応しい作品と言っても良いでしょう。

フジロック2017出演第二弾発表 は、小沢健二のためだけにある…と言っても過言ではないw

 

f:id:shibusa423:20170311000827j:plain

ミュージックステーションに出演し、フジロックへの出演を発表したと聞いた時、「ああ、やっぱり小沢健二だわ」と笑うしかありませんでした。

 

そして、正式に発表された出演アーティスト発表第二弾は、予想通り小沢健二の出演を正式に発表するためにあったと言っても過言ではないでしょう。

今をときめく水カンや、サニーデイくるりも全く印象に残りません。

元々、小沢健二には、そう言ったサプライズ好きの癖があります。

フリッパーズの突然の解散もサプライズでした。ツアーも決定し、クラブチッタ川崎4デイズのチケットを握りしめていた私は、ただただ呆然とするしかありませんでした。

ソロへの転向の際も、突然の日比谷野音でのフリーライヴの決行。

ただでさえセンセーショナルだったのに、「天気読み」他、ソロの楽曲はフリッパーズからはほど遠い、レイドバックしたアメリカンミュージックのようであったのにも驚きました。

個人的には、小沢健二の歌詞が伝わりやすくなったのが嬉しかった。

フリッパーズのキラーワードの数々。

「ほんとのこと知りたいだけなのに、夏休みはもう終わり

「上を向いた涙なんてのは鼻で笑おう」

シニカルで、でも何かを射抜いている素晴らしい歌詞の数々は、日本ロック史上になかったフリッパーズの特異なキャラの中に埋没しているところがありました。

ところが、ソロの小沢健二は、シニカルさを完全に捨て去っていました。

20世紀の終わり。世紀末ブームがあり、誰もが核戦争による世界の終わりや終末思想にかぶれ、シニカルになっているのをあざ笑うように、能天気な人生賛歌のようなラブソングやストレートなロックを歌い、リスナーを驚かせたのです。

そして、その歌の下手さにも、皆驚いたw

「愛し愛されて生きるのさ」「ラヴリー」「いちょう並木のセレナーデ」

使い古された陳腐とも思えるラヴソングの決まり文句の連発に驚きはしたものの、実際には陳腐な言葉に異なる響きを与えており、オザケンの面目躍如とも言えるポップソングを連発したのでした。

小沢健二の活動は、どこかファンの予想や期待を裏切った上で成就させるようなマジカルなところがあり、多くの人がその魔力に惹きつけられたと言っても良いかもしれません。

今回のフジロック出演も然りです。

ミュージックステーションでのフライング。続けて、1日二回のステージ。(おそらくグリーンでの)レビュー(なんとなくライヴじゃないイメージなので…)と、夜中の弾き語りを決行すると発表。

しかも、夜中のステージでは「天使たちのシーン」を歌うなんて言い放っているしw

(悔しいけど、見たいです。聞きたいです。歌下手でも構いません。あ、できればソプラノサックスソロは入れて欲しいですw)

「ああ、小沢健二節炸裂だぁ」と、なんだか嬉しくなります。

恐らくですが、ファンの思いが弾け過ぎてしまうアンバランスなパフォーマンスになるんじゃないか?と予測しています。

でも、これもまた祭り。小沢健二がどんなステージをするのか?を想像しながら過ごす苗場は、なんとなく晴やかになると思っています。

オリーブ少女のおばさんも、渋谷系に熱中した々文化系男子のおっさんも、後追いの若いファンも、第一線に戻ってくる小沢健二が、どんな演奏をするのか妄想を炸裂させ、皆想いのたけをぶつけるのでしょう。

そういう禊的なステージであっても全然いいでしょう。

終幕と共に思うのです。

「ほんとのこと知りたいだけなのに、夏休みはもう終わり」と。

www.youtube.com

二人の天才の邂逅 C・シーリとB・メルドー

f:id:shibusa423:20170306234856j:plain

Brad Mehldau (p)
Chris Thile (mandolin,vo)

クリス・シーリーとブラッド・メルドー

よもや、この二人が共演アルバムを出すとは思わなかった…

かたやジャズシーンを代表するピアニスト、かたやブルーグラスシーンを牽引する気鋭の天才のタッグである。最早期待しかない。

しかも、発売に先駆けて公開された映像では、あのギリアン・ウェルチの「Scarlet Town」のカヴァー!

日本で200人くらいは悶絶したにちがいないでしょうw

アルバム収録曲は、以下の通り。

CD1
01. The Old Shade Tree
02. Tallahassee Junction
03. Scarlet Town
04. I Cover The Waterfront
05. Independence Day
06. Noise Machine

CD2
01. The Watcher
02. Daughter Of Eve
03. Marcie
04. Don't Think Twice It's Alright
05. Tabhair Dom Do Lamh


ディラン、ジョニ・ミッチェルエリオット・スミスなどのカヴァー、オリジナルに加えて、日本盤のボーナストラックは「Dark turn of mind」と、またもやギリアン・ウェルチの名曲のカヴァー!他にもアナログオンリーのボーナストラックはフィオナ・アップルとファンを喜ばせる楽曲がてんこ盛りです。

若者に受けるような先鋭さがあるとは言わない。でも、このデュオは、ある種のアグレッシヴさを持った、絶好調のノンサッチならではの企画と言っていい。

それにしてもクリス・シーリのワーカホリックぶりには驚かされる。

2016年夏に奇跡の来日を果たした後も、アメリカの国民的ラジオ番組の司会に抜擢され、様々なセッションで話題になり、本作を2017年1月に本作をリリース。4月にはエドガー・マイヤー、ヨー・ヨー・マとバッハを取り上げたアルバムに参加と、目まぐるしく活動を活発化させている。

活動停止状態のニッケル・クリーク、パンチブラザースの活動も停止中とはいえ、それらを全て加味すると、とんでもない活動の幅である。

旺盛な雑食性、クラシック、ジャズ、ロック、はたまたテクノまで、あらゆるジャンルの音楽を咀嚼し、消化し、吐き出す、まさにブルーグラスシーンのフランク・ザッパともいうべきクリスの今後の活動からも目が離せない。

どこまで突っ走るのか?天才の長き旅は、まだまだ続く。

頼む、一度でいいからフジロックの夕暮れのヘヴンで存分にプレイする勇姿を見せて欲しい。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

フジロック2017 出演アーティスト 遂に発表!

f:id:shibusa423:20170212223738p:plain

 

遂に第一弾が発表されましたね!

昨年より一般受けしそうなメインアクトの面々に狂喜した人も多いはず。

今回個人的に嬉しかったアーティストは以下の通り。

APHEX TWIN
BJӦRK

ポスター表記からしてヘッドライナーでしょう。

ビヨークは説明不要の現在ボーカリストとして間違いなく頂きに君臨する歌姫だけに、安定したヘッドライナー。3日目でしょうか?

エイフェックスを初日に持ってくるのでしょうか?ライヴアクトとして未知数というか、何をやらかすか分からない飛び道具的存在なだけに見ておきたいところです。

LCD SOUNDSYSTEM
QUEENS OF THE STONE AGE
THE XX

LCD、クイーンズは待ってました!と思っている人も多いでしょう。

2度もキャンセルしているストーナーロックの代表的バンド、クイーンズは、フジロックの執念さえ感じてしまいます。

デイヴ・グロールが絶賛し、イギー・ポップが共演する現在進行形ロックバンドでは代表格の一つだけに楽しみです。

LCDは熱狂的なファンも多く、前回のライヴもベストアクトに上げている知人も多かったので、今回は是非見たいところですね。

XXは前回キュアーの裏で、ステージ上で「キュアーが裏でやってる」とぼやくほどのキュアーフォロワーでもあり、今回は話題の新作を引っさげての来日なので、やっぱり被りさえなければ見たいところ。

SAMPHA
STURGILL SIMPSON

個人的には、この2組も注目しています。

ブラックミュージックとアメリカーナの急先鋒的存在。なかなか見れない今後が楽しみなアーティストであり、こう言ったアーティストがしれっと入るのがフジロックの魅力。なにげにアメリカーナをフォローしているフジロック。個人的にはもう少しオルタナカントリーよりのアーティストが見たいところですが、なかなか見れないアメリカーナのロックよりのアーティストを呼んでくれるのは嬉しいところです。

 

今回は3組のヒット。

APHEX TWIN

LCD SOUNDSYSTEM

LORDE

まあまあの的中率ではないでしょうか?

 

これから決まる出演アーティストにも期待です。

特に、今回個人的に希望したいのは2月に新作をリリースするリアノン・ギデンスです。

すでにオルタナカントリー系では確固たる地位を築いているリアノン。

コステロやマムフォード&サンズなどが参加したディランへのトリビュートプロジェクト「ニューベイスメントテープス」でもボーカリストの存在感をバッチリ見せつけた彼女。今やアメリカを代表する女性ボーカリストの一人と言っても過言ではないです。

ニグロジャグと云う歴史に埋もれたジャンルを復興させたCarolina Chocolate Dropsのボーカリストとして注目を集め、ソロで俄然ボーカリストとしての幅、実力ともに急成長する注目のアーティスト。

新作リリースに合わせてのフジロック出演を期待してしまいます。

www.youtube.com

ともあれ、これからの発表も楽しみですね。

 

 

フジロック2017 出演アーティスト WHY?とエイミー・マンを勝手に希望!

フジロック出演者発表前は、勝手な妄想を弄ぶのが何より楽しい。

これが来るんじゃないか?ツアー日程はどうだっけ?アルバム発売があるからフジロックに出演するんじゃなかろうか?様々な妄想する楽しさもフジロックならでは。

今まで「これが来るとは!」といい意味で足元をすくわれたことがある人なら、尚更妄想に拍車がかかるんじゃないでしょうか?

 

さて、今年は1月からお気に入りのアーティストが新作をリリース。俄然妄想に拍車がかかっています。

ちょっと無理そうなC・シーリ&B・メルドーから始まり、2月にはリアノン・ギデンスがリリース。

3月はなんとエイミー・マンとWHY?が新作をリリースするという嬉しい悲鳴。

エイミー・マンは朝霧、フジと出演済みなので、ちょっとした常連さんと言ってもいいでしょう。

妖艶な容姿に圧倒的な評価を受けるソングライティングに作詞の才能。

ここは是非出演を希望したいところです。

多くのビギナーが映画「マグノリア」で止まってしまいがちですが、エイミーの魅力はそこで止まってしまってはもったいない。

ソロアルバムは駄作なしと言っていいし、コンセプトアルバム「フォーゴットンアーム」や3分間ポップの玉手箱のような「バチェラーNO2」など、素晴らしい。

近年の「スマイラー」や「チャーマー」も憎めないポップアルバムです。(ちょっと荒っぽい作りではありますが…w)

音楽を愛する多くの人に好きになっていただきたい良心的女性ボーカリストです。

www.youtube.com

(二大「SAVE ME」といえば、クイーンとエイミーですねw)

 

そして、4年半ぶりに新作をリリースするWhy?も期待したいですね。

来日公演も結構やっていて、日本での人気も(密かに)盤石なのがWhy?

奇才ヨニ・ウルフ率いるWhy?は、アンチコンという一時期一世を風靡したヒップホップレーベルのユニットだったのですが、いつの間にかバンドになっていたようですw。

ヒップホップと言いますが、どこかとぼけた感じが魅力で、ヒップホップ界のビーチボーイズと秘かに呼んでいます。

いわゆるヒップホップ的なアプローチをするのではなく、初めからほぼポップバンドのようなサウンドプロダクションで、初めて聞いた時からいわゆるボーカル以外は、どこぞのポップバンドとしか思えないドリーミーなサウンドが魅力です。

私が見た来日公演でもポップパワー炸裂で、鉄琴を乱打するというwヒップホップのイメージからはかけ離れたプレイで大盛り上がりしていました。

傑作「エレファント・アイ・フラッシュ」で見せつけたヨニのポップセンスは本物というしかなく、その後も快作を立て続けにリリース。

独特のポップセンスは新作からの新曲でも健在。今にも泣き出しそうな鼻声ラップで聴く者をポップでヒップでサイケな世界に引きずり込みます。

もともとゆるいユニットの形態のバンドなので、是非フジロックでは大人数でゆる〜く豪華なライヴを期待したいところです。夜のレッドが良いなあw

www.youtube.com

www.youtube.com