パンチ兄弟の新作は、アナログで聞け!

ついに出ました。

パンチ兄弟、待望の新作「All Ashore」!

前作「Phosphorescent Blues」で、ブルーグラスの境界線を軽やかに飛び越え、愛好家の度肝を抜いたパンチ兄弟が新作を提げて戻ってきました。

とはいえ、リーダーのC・シーリはメルドーとの共演作やソロをリリースしているので、しばらくぶりといった印象は皆無。

前作で過激にBGの常識をぶち壊し、再生させた兄弟たちだけに、新作ではオーソドックスなBGを展開するのでは?と予想していましたが、まさしくその通り。

しかもセルフプロデュースということで、出来栄えを期待しておりました。

正直 一聴した時点では、地味という印象w(もちろん前作と比較してしまっているからではありますが…)

しかし、アナログを購入して聞いて驚きました。

このアルバムもキレッッキレだし、ハードエッジだし、グルーヴィだし、文句なしの出来栄えです。

アナログで聞くと、ベースを中心とした低音が活きまくっていて、各パートの超絶技巧がサラウンドで押し寄せてきます。

クリスのボーカルを中心に各メンバーの音の位相がクリアでグルーヴ感が全然違う。

特に毎回恒例のインストナンバーがえらいアナログで映えます。

アメリカではハイテクに真っ向から人的なハイテクで勝負する兄弟たちというスタンスがやたらと評価されているみたいで、もちろんそれも分かる。

シーリ的にも兄弟での作品にテーマを付与することで創作の機動力にしていて、だからこそ兄弟は特別なものになっているんだと思う。

しかし、まずは兄弟の素晴らしいハーモニー、演奏、そしてなかなか評価されないクリスのソングライティングに注目して欲しい。

アルバムオープニングからかっ飛ばす兄弟の演奏にため息をつくこと間違いなし。

three Dots~、Jumboなど疾走感のあるナンバーが本作では聞きどころではないかとw

演奏スタイルだけで保守的なBGと思わず、じっくり耳を傾けさえすれば、新作が兄弟の手に負えないくらいに先頭を突っ走る兄弟の勇姿を拝むことができます。

 

www.youtube.com

事故か?意図的か? Sly and the Family STONE" FRESH"

さて、アンプ&スライ&ロビーで、スライ好きによるスライ好きのためのアルバムに狂喜したら、本家スライの作品を堪能しなければならないでしょうw

もちろんファンク史上、否、音楽史上に残るスライ三部作「スタンド」「暴動」「フレッシュ」を一通り堪能したり、「アンソロジー」の絶妙な選曲と流れに沿って、スライとは何かに思いを馳せるのもいいでしょうw

「もう、そんなことはとっくのとうに満喫しきって、もうやり尽くしたわ」と言う人も相当いるはずです。

スライの三部作は、それくらい偉大な金字塔です。

その中で「フレッシュ」だけ、ちょっとした珍事があったのはご存知でしょうか?

本家に気を使っているのか、ちょっとしたトラブルだけにおおっぴらに出来ないのか?

そのところは判然としませんが、とにかく微妙な感じで珍事は知られています。

1991年、当時ほぼ廃盤状態だったスライのアルバムが一斉にCDで再発されることになりました。

勿論、輸入盤では既に発売されていましたが、スライのアルバムが日本で再発されるのは極めて喜ばしいことでした。

ところが!どういう経緯でそうなったのか謎ですが、送られてきた音源はオリジナルアルバムの音源ではなく、アウトテイクスの数々だったのです。

事故か?意図的か?

ここで更に謎なのは海外は回収されたのですが、日本盤のみそのまま発売されてしまったのですwしかもロゴの色を微妙に変えてw

個人的には、これは日本スタッフが洒落を効かせて発売したんじゃないか?と邪推しております。一目で見分けがつくようにしている辺りが、どうもそれくさい…w

さて、その音源ですがオリジナルより凄い!と言いたいところですが、客観的に聞けば、やはりオリジナルの方が良いです。

しかし、だからといってショボいかと言うと、黄金期のスライのやることです。当然光るものが幾つも見られます。

「If You Want to me stay」のホーンが抜けることで、あの一級品のベースラインがより際立って、ねちっこいグルーヴが醸し出されていたりw

スライの妹もいたスリーシスターのコーラスが抜けていたりとか、愛しのシンシア・ロビンソンのコーラスがバシッと決まっていたりとか。

スライこそがブラックミュージックの真髄の一つと信じて疑わない人で、この問題の「フレッシュ」を聞いていない人がいたら、ぜひ一度聞いて見るのをおすすめします。

スライの才気が炸裂した歴史的瞬間の過程が垣間見える貴重な音源の一つなのは間違いないと思います。

www.youtube.com

 

 

いなせなファンカー amp fiddler

f:id:shibusa423:20180712010215j:plain

ご無沙汰してましたが、今日はちょっと良いアナログが手に入ったのでご紹介。

amp fiddlerがsly&robbieと組んでリリースしたこれ。「inspiration information」を。

amp fiddlerは、Mr.Fiddlerとしてデビューした生粋のファンカーで、そもそもがPファンク軍団の卒業生です。

ただ、短期間しか軍団には在籍しておらず、すぐにソロに転向しています。

これは勝手な妄想ですが、アンプのファンク観はゴリ押しのPではなく、いなせでスタイリッシュなスライにこそ憧れていたんじゃないかって思ってしまうのです。

アンプのソロは決してスパークせず、エレピやベースでジワジワとアげていくのが多くて、その手法はスライを意識しているとしか思えない。

このアルバムなどは、いつも通りwスライが憑依しているかのようです。

そこにスライ&ロビーの鉄壁のリズム隊がグイグイ突き上げてくるのだから悪い訳がない上に、ほぼスライのようなネチっこいグルーヴがたまりませんw

このアルバムは特にスライ色が強く、「ファミリーアフェア」や「If You want to me stay」あたりが極上と思う人にはたまらない一枚だと思います。

アンプは一時期地道な活動を強いられていましたが、今はムーディーマンとのコラボなどを経て、ムーディーマンのレーベルからアルバムをリリース、再度注目を集めています。

黒く、粘着質なグルーヴ、決してスパークさせない侘び寂びのあるミディアムファンクを深く愛する人であれば、アンプの作品は素通りできないでしょう。

このアルバムも前半のナンバーは悶絶必至のナンバーが立て続けに攻めてきます。

惜しいのは後半少しスライ&ロビーに気を使ったのかダブ系に寄ってしまうあたりですが、そこもアンプの人柄が出ているというか、人の良さが出ていると優しい目で見てあげましょう。

このアルバムもアンプのエレピが冴え渡っているし、じっくり聞くうちに中毒になっていく渋いアルバムに仕上がっています。是非、ご一聴を。

ゆっくりと長い道のり エマーソン北村

この人の佇まいが余りにもほのぼのとしていて、気にせずにはいられません。

エマーソン北村

かつて、じゃがたらトマトス、ミュートビートやピアニカ前田などの傍にいた誠実そうなキーボーディストです。

斬新だったり革命的なことをする訳でもなく、変に格好つけたり、挑発的な演奏をする訳でもない。

ただただ良い音楽を奏でることだけを、淡々とやってきたミュージシャンです。

アーティストではなく、ミュージシャンと言う肩書きがしっくりくる人です。

そのエマーソン北村が、ここのところ非常に面白い。

何か、自分の居場所を見つけたような、もちろん以前から北村さんは分かっていたのでしょうが、ここにきてものすごく説得力を持ってきたように思えます。

ここのところ、強く久々にライヴをみたいと思っています。

ああ、北村さんだわwと、うっかり微笑んでしまった一曲をここで。

 

www.youtube.com

Silvia Perez Cruz 正真正銘 純度100%の歌い手

よもやの、まさかの、ファンだった人の口から出るのは、そんな言葉ばかりでした。

シルビア・ペレス・クルスの来日公演は、スペイン国交150周年の記念行事の一環での来日。想像でしかありませんが、恐らく本国での人気と日本での人気のギャップから考えるに、今回のツアーのように弦楽五重奏楽団を引き連れての豪華な公演は不可能だったと思われます。

そう考えると、ブルーノートで1セット8000円は、バックのメンツも考えると破格の値段と言えるかもしれません。

とにもかくにも、ファンにとっては想定の範囲外、予想だにしなかった来日公演は、最新作の変則的弦楽五重奏をバックにした豪華な布陣での来日となりました。

新作の選曲は、はじめ見た時、既発曲ばかりで表現するものが枯渇しているのでは?などと不謹慎なことを思ってしまいましたが、今回の公演を見て全て吹っ飛びました。

大袈裟でもなんでもなく、今回の来日公演は、生涯ベストに必ず入る圧巻のステージでした。

バックの弦楽五重奏とのシンクロの仕方が半端なく、もちろん彼女の歌声は圧倒的で、完璧な歌を披露しながら、その右手で五重奏をコンダクトすると言う恐ろしい才女ぶりを見せつけ、彼女の歌声と五重奏とライティングと曲に合わせた演出が、驚くべき高水準で繰り広げられる驚愕のパフォーマンスでした。

弦楽五重奏がスコアなしで、シルビアの右手一本で自在に音を操り、しかも即興的な演奏を織り交ぜながら演奏する姿は、ちょっと未知のレベルの演奏でした。

そして、何より素晴らしかったのは、曲ごとに身にまとう雰囲気を変幻自在に変えるシャンソンやファドの歌い手のようなシルビアのパフォーマンス。

陽気な歌を披露した後、ちょっとした曲紹介を終えて、フッと次の曲に入る時、一瞬にしてステージの空気が一変し、全く違う悲哀に溢れた曲に合う空気に変えてしまう。

その圧倒的な存在感には、約1時間20分のステージで何度も鳥肌が立った程です。

「歌で感情を歌う」

来日公演前日のスペイン国立文化センターでの講演会でシルビアが語っていた通りのパフォーマンスを完璧に遂行する姿に戦慄さえ覚えました。

彼女のレパートリーの一つ、L・コーエンの「ハレルヤ」を披露する時、長い髪を静かに束ね、後ろでまとめただけで、あっという間に彼女の「ハレルヤ」を歌う場が立ち上がる、その瞬間の崇高さときたら、大袈裟ではなく一本の映画を見ているような、そんな凄まじさがありました。

彼女のバックグラウンドにある、スペインのフラメンコ、ポルトガルのファド、ジャズ、キューバのジャズ、メキシコ、そして中近東あたりのグルーヴ。

あらゆるものが渾然一体となった彼女の声が、恐ろしい表現力を持って発せられていました。

始まって二曲目あたりで「これはヤバいやつだ」と確信するようなパフォーマンス。

終演までずっと滅多にお目にかかれないものを見た感でいっぱいでした。

もちろん、彼女のオーソドックスなギターによる演奏をみたいと言う欲望もあるにはありましたが、そんな欲張りな発想を吹き飛ばす圧巻のステージ。(実は講演会で、シルビアの弾き語りも見れたのですがw)

生涯忘れられない一夜になったのは言うまでもありません。

 

www.youtube.com

 

【ワンコインCD】チャド&ジェレミー Of Cabbage and Kings

f:id:shibusa423:20180417224212j:plain

60年代の作品の魅力は、60年代的な音や空気感が明確にあるからでしょう。

頂点にビートルズがあって、ビーチボーイズストーンズキンクス、フーなどが醸し出すある種の空気と独特なサウンドは一度病み付きになると、中々抜け出せません。

かくいう私もそういう中毒の一人で、年齢的に体感していない癖に、60年代の音を聞くとノスタルジックな感傷についつい浸ってしまいます。

ビートルズの音は勿論60年代ならではなのですが、これがチープになればなる程に60年代の匂いのようなものを濃厚に感じられたりするのが、これまたコレクター泣かせだったするのです。

時代も過ぎて60年代好きのバンドが60年代チックなサウンドを作ると、わざと録音を昔っぽくしたり雑にしたりするのは、そういった匂いを演出するためだからです。

60年代のいわゆる名盤の数々は、色々な記事で知ることが出来ます。

サージェントペパーズを頂点に色々ありますが、ゾンビーズの「オデッセイ〜」、ホリーズの「バタフライ」、キンクスの「ビレッジグリーン〜」辺りが好みでしょうか。

それこそこの頃のアルバムは好き過ぎて、限定して選ぶのは不可能でしょう。

このチャド&ジェレミーの作品も、そんな60年代タイムマシーンの一つです。

当然ビートルズから派生する流れに乗った、60年代らしいサイケでイマジネイティヴな作品の一つです。

意外にもシタールやホーミーらしきサウンドが入っていたり、ナレーションや効果音、サウンドコラージュなどやりたい放題で楽しい。サイケと言うよりハーパーズビザールのようなバーパンクの匂いが強いように思います。

しかも曲も無難によく出来ていて、聞いていて気持ち良いことこの上ない。

プロデュースがサジタリアスなどを手がけた名プロデューサー、ゲイリー・アッシャー。

幻想的な側面や映像喚起力の強いサウンドプロダクション、正に同じ67年にリリースされたサージェントペパーズと同じ、もしかしたら構成などだけ取ればサージェントより攻めている作品かもしれません。

60年代好きの方なら聞いて損はない。こういうのが425円で買えちゃうCDインフレ時代。日本盤だったのでライナーなどを含めて考えればお得もお得。

ワンコインCDはやめられませんw

 

フジロック2018 出演者予想 第五弾アーティスト発表

第5弾出演アーティスト発表で当たりなし。

今回は仕方ないかなと言う感じです。邦楽アーティストも中堅どころがちょろっと。

マーク・リボーは嬉しいけれど、段々レギュラー化しているような…wマーク・リボーには陽の高い内の楽しみの一つになりそうです。

それにしても、今回の出演者、ファン以外で予想できた人とかいるんでしょうか?

 

それより今回は日割りがメイン情報ですね。

衝撃のディラン出演で、俄然日割りが注目されましたが、2日目ケンドリック、3日目ディランでしたね。

この並びは凄いですね。ケンドリック〜ディラン。これだけで世界有数のフェスの貫禄がにじみ出ていると言うものですw

さて、改めて俯瞰して見ると2日目が個人的には弱い…

1日目はエレカシハナレグミ、マーク・リボー、ジョンホプが楽しみですね。

あと、最近音響、映像方面で面白い試みをしているサカナクションもどんなステージ、演出をするのか楽しみといえば楽しみです。

 

2日目は、今の所ケンドリックとMGMTくらい。MGMTも思い入れはないから、強いてあげれば程度ですwここにもう少しアーティストが来ないと弾まない感じですね。

3日目は、ディランは別格にしても、アンダーソン・パーク、ダーティ・プロジェクターズ、吸血鬼、ceroとあるけれど、これらがほぼかぶる可能性もある訳で、ちょっとビミョーな感じですね。

吸血鬼〜ディランって流れは不自然な感じもするけど、ホワイトのトリがダーティの可能性は大なだけに危険極まりない。アンダーソンだってトリの可能性は高いですしねw

タイムテーブル次第では結構かぶり過ぎの様相を呈す可能性もあるから怖いです。

個人的にはもう少しいぶし銀のアーティストが欲しい所です。早朝や夕暮れに合うようなベテランアーティストとかですかね。

個人的に予想とは別に希望したいのはエイミー・マンとかリアノン・ギデンスなどの中堅女性ボーカル。スフィアン・スティーブンスやニコ・ミューリー近辺、勿論アノーニとか。それにムーディマンも新作出すし、ジョンホプと並んで、これに砂原があったら泣いちゃうくらい嬉しいけどねえ。

勿論オルタナカントリーの面々、もしくはノンサッチのアーティストが出たら嬉しいけど、これを求めるのは完全に妄想なのでやめておきますw

これからの発表で渋いアーティストを期待したい。ジャズ系、インプロ系も来い!と願ってます。

 

7月27日(金)

-N.E.R.D
-サカナクション
-POST MALONE(NEW)
-ODESZA
-YEARS & YEARS
-ALBERT HAMMOND JR(NEW)
-エレファントカシマシ
-go!go!vanillas
-ハナレグミ
-JON HOPKINS
-MAC DEMARCO
-MARC RIBOT’S CERAMIC DOG(NEW)
-PARQUET COURTS
-ストレイテナー
-TUNE-YARDS

7月28日(土)

-KENDRICK LAMAR
-SKRILLEX
-BRAHMAN
-FISHBONE
-マキシマム ザ ホルモン
-MGMT
-CARLA THOMAS
-D.A.N.(NEW)
-ハンバート ハンバート(NEW)
-JAMES BAY
-JOY-POPS(NEW)
-MORE THE MAN
-NATHANIEL RATELIFF & THE NIGHT SWEATS
-小袋 成彬
-RANCHO APARTE
-シャムキャッツ(NEW)
-5lack
-STARCRAWLER
-SUPERORGANISM
-toconoma(NEW)
-ユニコーン

7月29日(日)

-BOB DYLAN & HIS BAND
-VAMPIRE WEEKEND
-CHVRCHES
-DIRTY PROJECTORS
-GREENSKY BLUEGRASS
-JACK JOHNSON
-ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS
-AWESOME CITY CLUB(NEW)
-BERHANA
-cero
-HINDS(NEW)
-HOTHOUSE FLOWERS
-鼓童(NEW)
-odol
-Suchmos
-WESTERN CARAVAN